犬の健康を守るためにはワクチン接種をすること、定期検診を受けること、避妊手術をすることが大切です。

狂犬病のワクチン接種は義務があります。

しっかりと受けておきましょう。

日本では狂犬病の発症はまれですが、ワクチン接種が徹底しているからです。

犬と人間が仲良く暮らしていくために必要なことです。

人間が定期的に健康診断を受けるように、犬にも定期的な健康診断が必要です。

動物は具合が悪くても訴えません。

異常が発見したときは手遅れになるケースもあります。

1年に1回は健康診断を受けましょう。

高齢犬になると病気にかかる確率が高くなるので注意が必要です。

自然に反することだから避妊や去勢手術はかわいそうという方もいますが、生まれてきた子を育てられないようなら手術を受けましょう。

また、犬の病気予防にもつながります。

ホルモンの関係で病気になることがあるのです。

病院を嫌がることが多いと思うので、散歩途中によるなどして慣らしておくとよいです。

犬を健康に長生きさせるためにもこれらのことに注意してください。

Copyright © 2002 www.kvmahabubnagar.org All Rights Reserved.