重量税というものは、国内メーカーの自動車あるいは海外の車等自動車の国やハッチバック、ステーションワゴン等車体も全て同じで、ニッサンやアウディ、等でも一般的に納付しなくてはいけないもののことをいいます。

新車登録の場合、もしくは定期的にある車検を受ける際に支払う必要がある税金になります。

この金額はクルマの重さにより決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく違う税ですので、しっかり理解して混同しないようにしてください。

「自動車重量税とは重量により」「自動車税という税金はクルマの排気量により」その税額が変わってきます。

それにより買取する時の扱いも違いますし注意しなければなりません。

中古車の買い取りのときには既に支払った重量税がどれだけあっても、その税金が戻ってくるということはないのです。

一方、自動車税であれば、既に支払った額を売却額に乗っけてくれるといった事例がなくはないですが、重量税に関しては上乗せされるようなことはほとんどないはずです。

重量税の場合は車の売却時に支払い済みの税金が残存しているからと言って車の業者の方でそのことが考慮されることはほとんどないと思います。

そのため次の支払いつまるところ車検まで売るのを少し待ち買い取りを依頼するのが無駄は少ないと思います。

中古車の売却の際は考慮されない重量税ですがある条件の場合でしたら返還されることもあるのです。

これにあたるのは車検が残っている廃車として処理するケースです。

つまり、廃車申請をすると、残っている期間に応じた額が戻ってきます。

しかし自動車売却の時はその車が廃車されるのとは異なり返ってきません。

さらに、所有車の名義変更をした際や盗難にあった際も還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残っている期間がある愛車を売ることはつまり車検の効力がまだある中古車ということと同じです。

買取側も考慮しますので重量税の期間が残っていればそこそこ買取額が上乗せされることでしょう。

当たり前ですが売却額は店舗により変わりますが車検が残っていることを計算に入れてもらえば、売却する自動車の売却額と比べるとそこまで割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.kvmahabubnagar.org All Rights Reserved.