私と猫の思い出、一番古いものは、まだ3歳の頃の記憶です。コンブチャクレンズ

近所のお友達と道端でなわとびをして遊んでいたら、その付近の家の飼い猫がお散歩中でした。リプロスキン

私がなわとびをだらんと垂らして歩いていたら、いつの間にかその先には猫が。全身脱毛 池袋

動物に不慣れな私は怖くなって逃げ出しましたが、なわとびは手に持ったままなので、まるでヘビのように動きます。合宿免許の実態 登場人物

すると猫もそのなわとびがクネクネするものだから、面白がってじゃれついてきます。

逃げても逃げても追いかけてくる猫に、私はとうとう絶望して泣き叫んでしまいました。

声を聞きつけ慌てて出てきた母に助けてもらった・・・というのが、猫との最初の思い出です。

その後、猫を飼うことはありませんでしたが、高校生のときの彼氏が猫を飼い始めたことで、また思い出ができました。

彼の家にお邪魔したときのこと。

最初は新参者を警戒した猫さんが(愛をこめて「さん」づけしてました)、 次第に警戒心を解いてくれ、最終的には私の膝に乗ってくれたこと、とても嬉しかったと記憶しています。

その時彼が、「たまに帰宅する姉には全くなつかないのにな」と言っていて、それもなんだか嬉しかったです。

結局その彼とは破局してしまったけれど、今でも元気でいるとのことで、長生きしてほしいなと思います。

いつか我が子たちが巣立ったら、飼うのなら犬より、猫にしたいなと今は思います。

Copyright © 2002 www.kvmahabubnagar.org All Rights Reserved.